医療法人社団 円山リラクリニック

  • 一般内科
  • ペインクリニック
  • 生活習慣病
  • 更年期障害
  • アンチエイジング
  • ボトックス治療
  • 漢方治療・鍼治療
  • 自賠責保険の治療

生活習慣病

ホーム  > 診療科目一覧  > 生活習慣病
予防を心がければ、発症を防ぐ事ができます
「偏った食生活・運動不足・喫煙・飲酒」等の悪い生活習慣から発症する糖尿病・高血圧・脂質異常(高脂血症)・痛風・動脈硬化症・狭心症など。発病しても気がつかないまま放置している人が多い病気です。
ご家族に生活習慣病の方がいらっしゃる場合は、体質遺伝することもあります。多くは早い段階から生活習慣を見直して予防を心がければ発症を防ぐことができます。
まだ症状が出ていなくても、年に一度の健康診断やカウンセリングをおすすめします。

糖尿病

糖尿病とは一言で言うと、血糖が異常に高くなる病気です。治療を受けたことがない人でも、糖尿病の一歩手前の状態である「糖尿病予備軍」が、実は多いと言われています。軽症のうちに生活習慣を改善することで治療をしなくても良くなる場合があります。糖尿病に関する正確な情報を知り、食生活などの生活習慣の見直しをすることが大切です。
糖尿病を放置すると、腎不全・網膜症・神経障害・脳梗塞・心筋梗塞等のリスクが高くなります。

高血圧

高血圧症には自覚症状がほとんどありません。別名「サイレントキラー」とも呼ばれている程、知らず知らずのうちに進行する病気です。高血圧を放置すると、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・動脈瘤・腎障害等の、命にかかわる合併症のリスクが高くなります。生活習慣の見直しはもちろんですが、定期的な健康診断が大切です。
家族に高血圧の人がいる方、塩分摂取が多い方、肥満の方は注意が必要です。

脂質異常(高脂血症)

一般的には「血液がドロドロの状態」になっている病気で、ほとんどの場合、自覚症状は特に現れません。そのため、健康診断の血液検査で気づく場合が多いです。生活習慣によるものと、遺伝的なものがあり、それによって治療方法が異なります。「脂質異常症の疑いがある」と診断された時は放置せず、早めに受診することが大切です。